04 Childminder 保育士

石崎 葉月 いしざき はづき

うちはらスワン保育園
(H24年4月入社)

学生の時とは違う。
仕事の責任感やギャップになかなか慣れなくて
最初は必死でした。

仕事が好きになるなんて思いもしなかったです。
ご利用者との嬉しい出来事は、
たくさんの仲間に話して共有します。

本格的に保育士になりたいと思ったのは高校3年生の時です。姉が結婚、出産をし、赤ちゃんと一緒に里帰りしてきた時に関わりを持つ中で、保育の仕事を就きたいと思い、県内の保育の分野がある短大に進学しました。実習、卒業を経て、最初は保育士ではない子どもと深く関わる仕事を経験しました。

ある時、叔母に求人誌でスワン保育園の求人を見つけ、
「そろそろ資格を持っているならやってみてもいいんじゃない?」と背中を押してくれて、ここに入社しました。入社後、学生の時とは違う「保育士として働く自分」の仕事の責任感やギャップになかなか慣れなくて最初は必死でした。日々過ごす中で現場で多くの事を学ぶことができ、そのギャップを埋めることができました。今では、子どもと遊ぶ時間や「先生!」と子どもたちが呼んでこちらに来てくれる瞬間が嬉しいですし、また好きな時間になりました。

「この仕事をしててほんとによかった!」
子どもたちみんなと達成できた喜び。

運動会のドラムマーチの練習を担当することになった時、以前行った内容より少しレベルアップした内容に変更になったことがあります。なかなか難しく、本番前日まで満足のいく演奏はできませんでした。
「今までたくさん練習したから、失敗してもいいから頑張ろう!」と子どもたちに伝え、本番を迎えました。

本番、1回もミスせず見事演奏することができた時、自分だけじゃなくて、子どもたちみんなと達成できた喜びがありました。嬉しかったですね。
この時、「この仕事をしててほんとによかった!」と心から思いました。

先輩、後輩関係なく意見を言い合える環境で、
よりよい保育のあり方を見つけていきたい。

子どもの成長に関わる1番大事な時期に携われる仕事が保育士です。子どもたちと関わって成長を見守ることができる、一緒に自分も成長できます。これってなかなかすごいことでもあるし、素晴らしいことだと思います。

学校で学んでいる最新式の保育の知識をどんどん発信していって、先輩、後輩関係なく意見を言い合えるみんなが働きやすい環境を支えて、よりよい保育のあり方を見つけていきたいです。

子どもと一緒に成長していく。

JOB TOUR &
WORK WATCH
仕事見学 & 密着

見る&体験することで、就職後の自分をイメージしてみましょう。多施設をぐるっと見られるツアーや、仕事に密着できるワークウォッチなど楽しい企画でお待ちしています。