北水会グループ ホームに戻る


医療法人社団 北水会みずえクリニック

インフルエンザワクチン

 インフルエンザ感染症は毎年多くの感染者を出し、急な高熱や倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状が強いことが特徴で、特に小児やハイリスク群と呼ばれる65歳以上の高齢者は重症化しやすく、肺炎や脳炎などを併発することが多いので十分な注意が必要です。最も確実な予防法は流行前のワクチン接種で、高齢者の死亡の危険を80%減らすといわれています。ワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに2週間かかります。毎年流行するのが12月〜3月ですから、11月〜12月頃までには接種をしておくと効果的でしょう。

肺炎球菌ワクチン

 肺炎の原因は細菌、マイコプラズマ、ウイルスなど様々ですが、その中でも肺炎球菌は重症肺炎の原因となります。肺炎による死亡数は、がん、脳卒中、心臓疾患に次ぐ第4位を占めます。高齢者(特に65歳以上)や慢性疾患、糖尿病のある方は重症化しやすいため、感染を予防することが大切です。

※肺炎球菌ワクチンはインフルエンザワクチンと同様に皮下に接種します。1回の接種で5年以上効果が続きますので、毎年予防接種をする必要はありません。接種時期はいつでもよく、冬場でしたらインフルエンザワクチンと1週間以上あければ可能です。
接種をご希望の方は電話にてご予約ください。
電話 03-5243-1782


 
北水会みずえクリニック
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3-8-15 / 電話 03-5243-1782
ページの先頭に戻る