CARBONLESS

カーボンレス推進

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任つかう責任

次の世代へ豊かな自然環境を残すため、またすべての人が平和に暮らしていくために、
気候変動や環境汚染などの環境問題策としてCO2削減に取り組んでいます。

CO2 削減目標

ボトル to ボトル

2022年度 削減目標

460kg/年

ポリ袋の代替

2022年度 削減目標

61kg/年

真空パック仕様変更

2022年度 削減目標

315kg/年

年間合計

836kg

同等の削減量

スギの木

約60本分

※一本(杉の木は50年杉で、高さが約20~30m)当たり1年間に平均して約14kgの二酸化炭素を吸収・固定するとして試算します。(出典:林野庁)

ボトル to ボトル

使用済みのペットボトルを回収し、新たな食品用ペットボトルに再利用する活動をグループ全施設で行っています。

グループ全施設に目的を周知し、全職員が環境問題の対策の意識をもってペットボトル回収、リサイクルに取り組んでいます。

ボトルtoボトルの推進により、CO2は年間460kg削減できる想定です。(2021年削減数値)キャップはワクチンになるための寄付金として使われています。

ペットボトルの
リサイクル率目標

  • 年間回収本数

    約12.7万本/年

  • ペットボトルになる本数

    約8万本/年

計算式=12.7万本(回収本数)
x0.63(削減率)=8万本(ペットボトルになる本数)

環境配慮型のポリ袋へ

バイオマスプラスチックを10〜25%配合した環境に配慮したポリ袋へ変更しました。

グループ全施設のポリ袋を変更し、年間61kgのCO2を削減できます。(2021年削減数値)

※バイオマスとは「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」。

バイオマスプラスチック配合

真空パック仕様変更によるCO2削減

食事の運搬に使用する真空パックの仕様を変更しました。サイズはそのままに、厚みを75μから50μに薄くしました。これによりCO2排出量は約30%削減につながります。(2021年削減数値)

変更前

サイズ 厚みμ 幅mm 長さmm 重量g
75 180 280 7
75 240 350 13
75 300 400 34

変更後

サイズ 厚みμ 幅mm 長さmm 重量g
50 180 280 4.7
50 240 350 8.2
50 400 550 22