01 Care Worker 介護士

大野 聡基 おおの さとき

介護老人福祉施設長生園
(H31年度入社)

自分がいるだけでご利用者様や職員が
安心するような職員になりたい

祖母に何かできないか?と思い福祉の道へ

高校3年生の頃に祖母が倒れてしまい、施設に入所することになりました。祖母を支えたいと思ったことと、進路選択の時期が重なり、いばらき中央福祉専門学校のオープンキャンパスに参加してみたんです。

学校の様子や授業内容を聞いたり実際に施設体験に参加してみて、ここなら実習の機会も多くいろいろ学べるんじゃないかと思い進学を決めました。

安心できる環境を提供するには多職種との連携が大切

安心できる環境を提供するには多職種との連携が大切だと思います。体調が急変し倒れてしまったご利用者様がいて、看護師と連絡を取り到着まで指示をもらって対応し、無事回復されたときにはほっとしました。

日頃から処置方法を教えていただくなど情報共有があったからこそだと思います。

他にも好きなことに取り組んでいただく環境づくりをしています!一人ひとりの趣味を覚えて事前に下調べし、会話で促すようにしています。歌うことが好きなご利用者様には、その方の年代の曲を調べて「この曲知ってますか?」と声掛けして歌ってもらったり。

昔話や恋愛の話で盛り上がることも多いですね。そんなちょっとした時間も日々の楽しみです。

自分を信じて進んでいきたい

「大野くんがいるなら大丈夫」そう思ってもらえるような職員になっていきたいですね。それはご利用者様だけじゃなくて一緒に働く職員にも。そのためにはコミュニケーションが大事かなと思っています。信頼関係を築いていきたいので、人見知りで口下手だけど頑張って話かけています。(笑)

もちろん悩むこともあります。そんな時は好きな音楽を聴いてじっくり考える時間を作ったり、ジムで運動してすっきりしたり、同期たちと話してエネルギーをチャージしています。

どんなときも「俺ならできる!」と思って、自分を信じて進んでいきたいと思いますね。

自分には自分がついている‼︎
  • もっと見る

JOB TOUR &
WORK WATCH
仕事見学 & 密着

見る&体験することで、就職後の自分をイメージしてみましょう。多施設をぐるっと見られるツアーや、仕事に密着できるワークウォッチなど楽しい企画でお待ちしています。