05 Dietician 管理栄養士

高橋 亜有美 たかはし あゆみ

株式会社スイコウアセット 品質保証室
(H22年度入社)

今までの経験を活かして、
次のステップに向かっていく。

母の影響で選んだ仕事
子どもの頃から食に興味があった。

母が料理やお菓子作りが好きで、よく一緒に作っていました。そんな環境で育ったこともあり、子どもの頃から食に興味があって、自然と将来は管理栄養士になろうと思っていました。

就職直後は、セントラルキッチンの立ち上げに携わり、夢中で仕事をしていました。それまで各施設で作っていた食事のメニューを統一するため、何度も施設を訪ね味付けや食材の大きさやカット方法まで聞いて回り、見た目、滑らかさ、舌触りを良くするため試作を繰り返しましたね。

その時の経験もあり、うちはらスワン保育園の立ち上げにも携わりました。

この仕事が好きだから頑張りたい。
子育てと仕事の両立は家族のサポートが大きいです。

この仕事が好きですし、頑張りたいと思っています。独身時代は夢中で働くことも出来ていたけど、子どもが生まれてから働き方には気をつけています。限られた時間の中でガッと仕事をして、家では子どもと過ごす時間を大事にするなど、メリハリを付けるようにしていますね。あとはやっぱり家族のサポートが大きいです。

熱が出たときには両親にお迎えに行ってもらったり、夫も家事や子どもを見てくれるので助かっています。

5歳になる娘は、娘だけど相棒みたい(笑)。お手伝いも積極的で頼りにしています。子どもたちとは自分が幼い頃にしてもらっていたように、料理教室に通ったりしています。大変だけど子育ても仕事も楽しんでできたら良いなと思ってますね。

今までの経験を活かして、
次のステップに向かっていく。

2人目の育休復帰後、セントラルキッチンに戻り、2017年にHACCP認証の取得に携わりました。現在は維持審査に向けて日々取り組んでいます。今後はHACCPが義務化になるので、その考え方を各施設のサテライトキッチンに広めて行きたいと思っています。同時にセントラルの職員が作った料理がどのようにご利用者に提供されているのか、実際に自分たちで食べたり、ご利用者様が食べている様子を見たり、意見を聞きに行ったりできる場も必要だと思っています。どちらの経験もあるからこそ、セントラルキッチン、施設のサテライトキッチンそれぞれの想いを聞ける役になって行きたいです。

管理栄養士は献立作成して、ケアプラン立てて、栄養指導するイメージだと思うんですけど、「あ、こういう道もあったのか!」って思うんです。

品質保証室での仕事は、メニュー開発、原材料や取引業者の選定、現場の衛生管理から検査まで幅広く、これまでとはまた違った新しい分野ですが、逆にそれが楽しみでもあり、また次のステップにいけるな!と、期待に胸を膨らませています。

※セントラルキッチン:複数の施設の食事をまとめて調理する場所。
※サテライトキッチン:届いた食事を再加熱・盛付を行う施設の厨房。
※HACCP(ハサップ):調理の各工程に定められた厳しい衛生管理基準

JOB TOUR &
WORK WATCH
仕事見学 & 密着

見る&体験することで、就職後の自分をイメージしてみましょう。多施設をぐるっと見られるツアーや、仕事に密着できるワークウォッチなど楽しい企画でお待ちしています。